コーヒーダイエットの正しいやり方は?痩せた人も続出中!

アナタはコーヒーダイエットが効果的という話を知っていますか?コーヒーを飲むだけで痩せるなんて信じられないかもしれませんが、成功事例が多いのです。痩せたという人が続出しているコーヒーダイエットの正しいやり方を詳しく解説します。

コーヒーにはどんなダイエット効果がある?

コーヒーはダイエット効果が期待できると言われている理由は、コーヒーに含まれている成分などに秘密があります。具体的にダイエット効果が期待できる理由は3つあります。

脂肪を燃やすカフェイン

コーヒーに含まれている成分の中でも有名なのがカフェインです。コーヒー以外にも緑茶やコーラなどにも含まれていますよね。

カフェインがダイエットに効果的と言われる理由は、消化酵素のリパーゼが活発に働くのを促してくれるからです。リパーゼの活躍で代謝が高まって脂肪燃焼効果やデトックス効果が期待できると言われています。また、食欲を抑える働きも期待できると言われています。

ポリフェノールの一種クロロゲン酸

コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールの一種が含まれているのも特徴的です。クロロゲン酸がダイエットに役立つ理由は、溜まっている脂肪を燃焼させて更に脂肪を溜め込まないようにする働きがあるのでリバウンドを予防することも期待できます。

インスリンの分泌も促して糖分の吸収を抑える役目もあるそうです。抗酸化作用が強くてアンチエイジング効果も期待できるので、ダイエット中の肌荒れが心配な人にも良いですね。

ココロを安定させるリラックス効果

ダイエット中は食事を我慢したり、苦手な運動に取り組んだりしてイライラすることが多くなる人も多いはず。でも、コーヒーの香りを楽しみながらゆっくり味わってみるとフッと心が軽くなりませんか?コーヒーにはリラックス効果をもたらす作用があるので不安定になりがちな気持ちを安定させてくれることも期待できます。

コーヒーダイエットの正しい飲み方とは?

コーヒーダイエットを成功させるためには正しい飲み方を守らなければいけません。ダイエットに良いからとやみくもに飲み続けないように注意しましょうね!

基本的な飲み方は簡単!

コーヒーダイエットでは基本的にコーヒーを飲むだけですが、一日4杯が目安で多くても一日5杯までに抑えてください。飲み過ぎは逆効果になるおそれもあります。浅煎りのブラックコーヒーをホットで飲むのが基本になりますが、飲むタイミングなども考えるとより効果的です。

アイスとホットどちらでも良い?

基本的な飲み方でホットが良いとお伝えした理由は、コーヒーに含まれているダイエットに効果的な成分を吸収しやすいからです。アイスの場合は、飲んだ途端に体が冷えて内臓機能が低下するので避けた方が良いです。

また、ホットで飲む場合には沸かしたての熱湯ではなく、80度くらいに冷ましてから淹れることをおすすめします。コーヒーに含まれているクロロゲン酸が高温に弱いので、できるだけクロロゲン酸を残すためにも80度くらいを目安にしてください。

牛乳やミルクを入れても良い?

ブラックではどうしても飲みにくいので、牛乳やミルクを混ぜてカフェオレにしたいとか、お砂糖を入れて飲みたいという方も多いでしょう。ですが、コーヒーダイエットを成功させるためには余計なカロリーを摂取しない方が良いのでできるだけブラックコーヒーに慣れましょう。

飲むタイミングは食前と食後のどっち?

コーヒーは食欲を抑えてくれるので食前に飲んだ方が良いのではないかという意見もあります。コーヒーダイエットではどちらかといえば食後に飲むのがおすすめです。食後に飲むと食べ物の消化を助けて、脂肪が溜まらないように抑えてくれると言われています。

運動前と入浴前に飲むと良い?

飲むタイミングとしてもう一つおすすめなのが、運動をする前と入浴前です。コーヒーは代謝をアップする効果も期待できるので、運動前や入浴前に飲むと今まで以上に代謝が良くなると考えられます。

インスタントコーヒーでもOK?

コーヒーを毎回淹れるのは面倒なのでインスタントコーヒーでやってみたいという人も多いですが、やはり効果的なのは浅煎りのドリップコーヒーです。インスタントでも良いのですが、ダイエット効果が期待できるクロロゲン酸が多く含まれているのは、浅煎りドリップコーヒーの方が勝っています。

ちなみに、深煎りよりも浅煎りが良い理由もクロロゲン酸が多いからです。深煎りは焙煎する際に加熱する時間が長いのでそれだけクロロゲン酸が減っているのです。

バターを入れて飲む

海外セレブの間ではバターを入れたコーヒーダイエットが流行っているそうです。通常のバターではなく無塩グラスフェッドバターを使うのがポイントで、朝食の代わりにバター入りのコーヒーを飲むと良いそうです。

グラスフェッドバターには不飽和脂肪酸が含まれているので中性脂肪や悪玉コレステロールを減らしてくれます。通常のバターを入れて飲んでもダイエット効果はないのでご注意を!

コーヒーダイエットのQ&A

コーヒーダイエットにこれから取り組む人からよく聞かれる質問にお答えします!

コーヒーのカロリーはどれくらい?

ダイエットをするならカロリーが気になるところですが、コーヒーはほぼノンカロリーです。マグカップ1杯なら約4kcalなのであまり気にするほどのカロリーではないでしょう。

コーヒーは体に悪いのでは?

コーヒーは体に良い飲み物だという話もあるけど、体に悪いという話を聞いたことがありませんか?コーヒーに含まれている成分のカフェインがもたらす働きを確認してみると、体に良いとも悪いとも言われる理由がよくわかります。

良い効果 眠気覚まし、解熱鎮痛作用、抗炎症作用、脂肪燃焼効果など
悪い効果 興奮、震え、めまい、胃痛など

悪い効果が現れるのは飲み過ぎた時が多いので、飲み過ぎないように注意していれば問題ないと考えられます。ただ、明らかに体調が悪い時などは悪い効果が出やすいことも考えられますので体調を見ながら活用すると良いですね。

ブラックは苦手…

ブラックコーヒーはどうしても苦手だけど、コーヒーダイエットに挑戦したいという方はできるだけ砂糖は減らすように努力してみましょう。今までスプーン一杯の砂糖を入れていたなら半分に減らしてみるなど工夫してください。グラニュー糖ではなくオリゴ糖を入れるとか、牛乳ではなく豆乳を混ぜるという工夫もおすすめです。

コーヒーダイエットの注意点

コーヒーダイエットをする際にはいくつか注意したい点があります。成功させるためにも覚えておきたい大事なポイントです。

トイレが近くなる?利尿作用

コーヒーは利尿作用があるのでトイレに行く回数が増えるかもしれません。体の水分が失われやすいので、適度に水分補給を行いましょう。できるだけ常温の水がおすすめです。

カフェインの大量摂取は要注意!

先程も触れましたが、コーヒーの飲み過ぎはカフェインの大量摂取に繋がり体調を崩す原因にもなります。一日に多くても5杯までは厳守してください。

妊娠中はNG

妊娠中の女性はカフェインの摂取を控えるべきです。一説には1~3杯くらいなら飲んでも良いと言われていますが、健康な赤ちゃんを生むためにも妊娠中は控えましょう。

就寝前は注意!眠れなくなるかも

コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があるので、夜眠れなくなって睡眠不足になるおそれがあります。特に就寝前には飲みすぎないように注意してください。

空腹時はNG

コーヒーは胃酸を分泌させる作用があると言われます。お腹が空いている時に飲むと胃が空っぽの状態なのに胃酸が出てしまい、胃痛の原因になります。

口臭がキツくなる?

コーヒーを飲んだ後には口臭がキツくなってしまうと感じる人も多いです。口臭が気になる場合は、コーヒーの後に水を含んで軽くうがいをすると良いですね。

コーヒーダイエットで痩せた人の口コミ

痩せるというよりむくみがスッキリします!私は1日3食の食後に1杯のコーヒーを飲んでいます。

(引用元:sportsclub.nifty.com

むくみが改善されるのは嬉しいですね!食後に飲む習慣になっているのも良さそうですね。

1日3杯(朝昼晩)にホットコーヒーを飲む『コーヒーダイエット』ってのを今挑戦してるんだけど、体の流れが変わったのが分かる!

(引用元:twitter.com

この方は体の調子が良くなってきたと実感されているようですね。

ブラックコーヒー生活にも慣れて気合い入れて飲まなくても飲める様になったー

ホットで飲むしトレーニングしてるとほんと汗がすんごく出る!

(引用元:www.instagram.com

この方のように運動と合わせると効果的なようですね。

コーヒーダイエットは正しいやり方が重要!

コーヒーダイエットを成功させるためには、飲むタイミングと量をきちんと守ることが大事です。正しいやり方を守った結果痩せた人もいますが、成功している人の多くがコーヒーを飲むだけでなく栄養バランスの良い食事と運動も一緒に行っていることも忘れてはいけません。あくまでもコーヒーを飲むと痩せるという考えではなく、ダイエットの補助的な飲み物として考えて様々なダイエット法を組み合わせながら活用してくださいね。